ブログ

有給についての法改正

2019年05月07日

こんにちは!

ワールドプランニング新海です。

 

皆さんご存知だとは思いますが有給消化の法改正についてのお知らせです。

 

2019年4月1日より年次有給休暇の取得義務化

 

今回の改正により、年間10日以上の有給休暇を付与される従業員(管理監督者等を含む)パート、アルバイトを対象に、企業には「年休を付与した日を基準日として1年以内に5日以上の有給休暇を取得」させることが義務づけられます。また、「年休管理簿」を作成し管理することも義務化されます。
従業員が自らの希望で5日以上取得する場合は問題ではありませんが、有給休暇が5日未満の場合は企業による時季指定が必要になります。ただし、従業員に企業が時季指定する場合は、従業員の意見を聞き取り、その意見を尊重するよう努めなければいけません。

<勤怠管理で注意すべきポイント>
年次有給休暇は、入社日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割出勤した従業員に10日間付与されます。全従業員一律の起算日で年休が付与されるのではないため、そもそも有給休暇の管理は煩雑になりがちです。そのため、今後は勤怠管理において「従業員ひとりひとりの年休消化状況をどう可視化するか」がポイントになります。
「年休管理簿」を軸に年休の取得状況を把握し、計画的に取得できていない従業員には積極的に休暇を取得できるよう勧奨することが求められます。

 

遠慮して有給消化していなかった方もいると思います。

これからはお休みを計画的に頂くようにして行きましょう!